ブログ運営

【ブログ初心者必見】ブログ記事をたくさん書くことの重要性を教えます

 

数多くのブロガーさんが「ブログ初心者は100記事を目標に記事をたくさん書こう!」とよく言ってますよね。

僕は最初、この言葉の意味を

・100記事書けばブログの方向性が決まってくるから

・100記事書いてやっと検索に出てくるようになるから

という解釈をしていました。

ところが先日こんなツイートが目に入りまして

この記事を読み終わった時、僕のブログアクセスに関する解釈が足りていなかったことを痛感しました…

この記事ではそんな僕の気づきを記事にしていきたいと思います。

・ブログアクセスがなかなか増えない…

・記事はたくさん書いたけどアクセスが伸びない…

・何となくブログにまとまりがない…

上記の悩みがある方はぜひ読んでみてください。

5分もあれば読み終わると思いますので。

ブログアクセスを増やすには穴の空いたバケツに水を貯めるイメージで

この例えはとてもわかりやすくストンと自分の中で理解ができました…!

つまり水の量を増やすということは「SNSや検索からの流入」であり底の穴を小さくするということは「直帰率、離脱率の抑制」に置き換えて考えます。

ブログを始めた頃は流す水の量を増やすことばかり考えてしまいがちですがそのほかにも底の穴を小さくすることも大事なのです。

詳しくは下のリンクから記事を読んでみてください。
とてもわかりやすく解説がされていますよ。

では次は底の穴を塞ぐ方法を見ていきましょう。

記事をチーム化する

ブログ初心者は100記事を目標に記事を書いていきます。

そうすると必然的に1つのカテゴリーにつき10記事ないし20記事溜まっていきますよね?

そうしたら次はたまった記事でまとめ記事を作ります。

例えば一つの記事内に別のページのリンクを貼ることで自然に別の記事へ誘導ができますよね?

そうすることで離脱率を下げることができ、回遊率も上がります。

雑記ブログでも記事のカテゴリーは3つほどに絞ったほうがいい理由はおそらくチーム化しやすくなるからでしょうね。

まとめ

ざっくりまとめると

・検索流入の他に離脱率を意識しよう

・離脱率を下げるために記事のチーム化を意識しよう

今回、カトヒサさんの記事を見てまた一つ大きな気づきがありました。

ブログアクセスが伸び悩んでいるブロガーの方々はぜひ実践してみてください。

 

ABOUT ME
やまもと
やまもと
満員電車と残業が嫌いなサラリーマン。 会社や場所、時間に縛られない生き方を目指す!